食品の安心安全を目指した取り組み

安心安全の取り組み

安全性へのこだわり

取り組み

1)大型施設内では、衛生管理を徹底し、減農薬栽培をしております。
2)キクラゲに灌水する水及び洗浄で使用する水は、登米市営水道水を使用しております。
3)放射能検査、残農薬検査を公的外部機関に依頼し、安心できる農産物の栽培をしております。

I Loveファーム登米農場

栗原農場


弊社農場で栽培したパプリカは、Hill Laboratories TRIRD,TESTED AND TRUSTED で残農薬検査を受け、安全既定の数値を賜りました。
※上記検査試験場は、国際検査試験場認証法人(ILAC)に参加しているニュージーランド国際認証団体(IANZ)により公式認証を受けています。その相互認証(ILAC-MRA)に基づき、当認証は国際的に評価されています。

放射能検査
弊社農場で栽培したパプリカは、仙台市にある食品衛生登録検査機関「一般財団法人 宮城県公衆衛生協会」へ依頼をし、食品中の放射性セシウム検査を行っております。
NaI(TI)シンチレーションスペクトロメータ機器分析法により検査した結果、放射性セシウムは検出されませんでした。